LANDISKからの特急データ復旧|株式会社リプラス 特急データ復旧ウィンゲット

データ復旧とは、LANDISKが起動できない・エラーランプが点滅する・アクセスできないなどの故障してしまった状態から、ハードディスク内に保存されていたデータを取り出し、新しい別のハードディスクにデータを納品してお渡しするサービスのことを言います。

修理LANDISKをまた使える状態に直すことであり、メーカーなどに修理を依頼されると、中のデータまでは保証されず、初期化してLANDISKが使えるように直す場合もあります。


そのため、「必要なデータがLANDISK内に残ったまま」「バックアップが取れていない」等の場合は、データ復旧を行ってから修理を依頼されることをお勧めします。


データ復旧の受付は、全国47都道府県各地にある受付窓口にて対応できます。
店舗によってはその場での無料診断も可能です。店舗への持込が難しい地域の方々には、ご郵送での受付も行っております。なるべくお客様の近くで対応できるよう、各店舗を設けております。


「機密情報なので、社外に持っていくことができない」「とにかく急いでいるので緊急で対応してほしい」「持ち出しができないパソコンなので、現地で対応してほしい」というお客様におすすめなのが【出張サービス】です。
お客様の元へ、当社技術スタッフが伺い、現地でデータ復旧を行います。


「明日までにデータが必要!」「朝までに必要な書類を復旧してほしい」等のお客様のご希望に応えるために、即日対応や夜間緊急対応も可能です。必要なデータ量や機器の障害状況などの様々な要素によって復旧の作業時間は変わりますが、お客様のご希望に沿えるよう尽力いたします。


データ復旧専門の会社ですので、セキュリティ強化のために暗号化をかけていたハードディスクや、ハードディスク自体が物理的に故障している重度障害の場合も、データ復旧の対応が可能です。


当社ではお客様のデータを取り扱うため、プライバシーマークの取得やISO27001に基づく情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の認証を取得しております。
お客様からお預かりしたハードディスクは、出入り口に暗証ロックキーを備えた厳重な部屋に保管する等、常に細心の注意を払って作業を行っております。


当社では官公庁様をはじめ、多くの法人・個人様とのお取り引き実績がございます。
お客様にご満足いただけるよう、一人一人のご事情や状況に寄り添ったサービスを提供していますので、様々な業種のみなさまにお選びいただいております。
詳細は石川・金沢データ復旧公式サイトよりご確認ください。 石川・金沢データ復旧公式サイトはこちら

フリーダイヤル(0120-703-845)もしくは当ページ下部にあるお問い合わせフォームからお申し込みください。スタッフがお客様にあった受付方法をご案内いたします。

お近くの店舗へお持ち込み、もしくは郵送で機器を送ってください。(郵送の際の送料は弊社負担となります)
出張の場合は弊社スタッフがお客様の元へ伺って、現地にて診断を行います。
持ち込み・ご郵送・出張の際には下記【無料診断申込書】が必要になりますので、ダウンロードをしてご記入ください。

データ復旧が可能かどうか診断を行います。診断はおよそ60分の予定ですが、内容によっては時間がかかる場合もございますので、ご了承ください。診断が終わり次第、お客様に結果をご報告し、お見積もりやデータ復旧にかかる時間などをお伝えいたします。

データ復旧の成功時に、お支払いいただきます。お支払い方法はクレジット決済もしくは銀行振込での対応が可能です。復旧不可の場合、無料となります。

復旧したデータは新しい別媒体(DVD・ハードディスクなど)に入れて、お客様にご納品いたします。

【特急データ復旧の実績】
物理障害が発生し、エラーランプが点灯したI・O DATA製LAN DISK(HDL-GT4.0)から90%以上のデータ復旧に成功

石川県
法人様機器情報LAN DISK/I・O DATA
HDL-XV4.0
1TB 4台構成 RAID6

ハードディスクにエラーランプが点灯しアクセスできない

I・O DATA製のLANDISK(HDL-XV4.0)にアクセスしようとしたところ、パソコン上で見つからずパソコンを再起動しても変化がありませんでした。
他のパソコンから確認もしましたが、どのパソコンからもアクセス出来ません。
LANDISK(HDL-XV4.0)本体を確認するとエラーランプが点灯していました。
業務に使用するデータが全て保存されているので、業務が止まっており非常に困っています。
明日にもデータが必要となるのですぐにデータ復旧をしてほしいです。

RAIDの再構築に成功。出張にて現地でデータ復旧に成功し即時納品しました

翌日までに復旧をご希望でしたので、出張対応ということでお客様先に復旧機材を持ち込んでの診断となりました。
復旧機材に繋いでI・O DATA製LAN DISK(HDL-GT4.0)内のハードディスクを1台ずつチェックしていったところ、1番、3番、4番のハードディスクに物理障害が出ておりました。
特に1番、3番のハードディスクにおいては重度物理障害を確認しました。4番においては軽度物理障害と判断、正常に読み込めない領域(不良セクタ)が一部発生しており、正常に機能していないことを確認しました。

まず軽度物理障害と診断された3番ハードディスクの磁気情報を正常な別のハードディスクに転写しクローンを作成、読み書きする速度や回数を調整することで不良セクタの穴埋めを行いました。
その後、正常な2番ハードディスクと3番のクローンハードディスクをウィンゲットのデータ復旧専門機材に繋ぎ、RAIDを再構築することで2台のハードディスクから90%以上のデータ復旧に成功しました。
今回はRAID6でしたので2台のハードディスクからデータの取り出しが出来ましたが、RAIDの構成や故障の状況によってはパーツの交換作業が最低限必要、状況によってはデータの取り出しが不可能になる可能性もございました。
RAID機器は一部ハードディスクが故障してもそのまま使えることが多いため油断しがちですが、定期的なメンテナンスを行わないと今回の様に複数台のハードディスクが同時に異常を起こすことも十分に考えられます。くれぐれも取扱にはご注意ください。

お客様区別
氏名
※必須
氏名
法人名
TEL
※必須

※日中、ご連絡可能なお電話番号をご入力下さい。
E-mail
※必須

※日中、ご確認可能なメールアドレスをご入力下さい。
ご相談・申込種別
※必須
故障機材
※必須

ご質問・ご依頼内容
(障害機器の状況・復旧が必要なデータの内容や量・データが欲しい納期などをお書きください)

個人情報の取り扱いについて

上記の記入が終わりましたら、送信ボタンを押してください

社名

株式会社 リプラス

所在地 <東京本社オフィス>
東京都千代田区神田須田町2-7-3 VORT秋葉原ビル5F
<名古屋本社オフィス>
愛知県名古屋市中村区名駅2-38-2 オーキッドビル5階
<大阪オフィス>
大阪府大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル 7F
<札幌オフィス>
北海道札幌市中央区南一条西10-4-167 小六第一ビル6F
<横浜オフィス>
神奈川県横浜市中区扇町1-1-25 キンガビル3F
<福岡オフィス>
福岡県福岡市博多区博多駅南1-3-6 第3博多偕成ビル11階
創業 1999年
設立 2003年7月29日
資本金 1,000万円
従業員 50名
3つのNo.1
拠点数
公式サイト
関連サイト